大日ヶ岳

わたくし本日52歳になりました。

それはさておき、先日岐阜県郡上郡の大日ヶ岳へ行ってきました。
心配だった駐車場までの道も、最近の暖かさのおかげで、一部凍結していたけど無事クリア。

除雪された道路以外は数十cm積もっていたけど、凍っていてカチカチ、せっかくのスノーシューをつけることもなくチェーンスパイクだけで進む。
いきなりカモシカのお出迎え。
カチカチ雪の中樹林帯を進む。

ところどころ隣の尾根にあるスキー場、高鷲スノーパークかしら?からの音楽が聞こえる。

高鷲スノーパークのゴンドラを利用して頂上付近まで行く人もいるみたいですね、山は上りが楽しいのに。
なんか開けてきそう。
開けました。

展望台らしい。

奥に大日ヶ岳頂上。

スノーボードらしき人が二人立っている。
歩いてきたとこ。

ひるがの高原スキー場が見える。
展望台からいい感じの稜線歩く。
登頂。
なんかあっちに見える稜線がいい感じなんですが。

あれが大日ヶ岳に登って、体力が余った人がいくっていう天狗山かしら?行くしかないね。
真ん中辺まで来たけど、、、道がないんですけど。

恐る恐る先端まで行ってみると、あー、この奈落のようなとこを下りるのか、、、これは無理だわ、これは明らかにプロルート、トレランシューズでいっちゃいかんとこだわ。

てことで撤収。
うん、あそこまで行くのはプロですね、無理無理。
来た道。

奥に大日ヶ岳。

こっちはなだらかでイージー。
もどりはドローンを飛ばしながら。
戻ってきた。

さてと下山。

いやぁ、雪道はね、ほんとに危険ですよ、あまり深く考えずに下山を開始。
こんなところ通ったっけ?行きと帰りでは方向が違うから見える風景が全然違うなーなどとのぼったりくだったり。
振り返ると断念したプロルートが見える。

改めても無理な山だな。

でも行きにはあんなの見えなかった気が、、、

ここでようやく地図を確認。

うむ、完全に違うルート。

とりあえずどこへ向かってたかはわからないけど戻ろう。
結構来ましたね。

なんとか迂回して直接隣の尾根へ行けないものか、、、まあ無理ですよね。

ってことで、再び大日ヶ岳へ。

流石に最後の急登はパスさせてもらって横道へ。

正規ルートへ戻り、無事下山。
今回の山行きこんな感じ。

後で調べたら、天狗山だと思って目指したプロルートは鎌ヶ峰。

まあいけんこともないみたいだけど、アイゼンとピッケルが必要ですね。

そして帰りに間違えて突き進んだルートが天狗山へのルート。

あと数十mで天狗山だったようです。

雪山は常にルート確認が必要ですね。