友達を詰める

今日のお昼は行きつけのサガミ。

北海道フェアの贅沢北海道丼を食べると、後隣の席からお年寄り夫婦の会話が、

ば「けいこちゃん、歳下の男性と結婚したってよ。」

じ「へー、歳下でも2歳や3歳くらいなら」

ば「10歳も下だって!きれいな、スタイルのきれいな男性!!」

といっても会話してる夫婦が社長くらいの歳だから、、、けいこちゃんは多分僕くらいの、、、50歳くらいの女性と40歳くらいの男性、、、まあいいんじゃない。

と、そこで突然右隣の席から

みも「お前は可愛いからいいじゃん!」

え?若い女性の声で突然の叫び声。とまではいかないけどちょっと大きめの声。

みも「お前は可愛いからいいじゃん!!」

あ、二度言った、大事なことなんだな。

ちなみに相手の声は全く聞こえてこない。

みも「じゃあさ、明日からみもの顔になるってなったらどうする??」

う、うん、それは困るだろうけど、、、どんな顔してるんだろう?

みも「みもさー、自分の顔がほんと嫌いなんだよねー。」

頑張れみも。ファインディングみも。