ねろ様痙攣その後

フライングして公開してしまった前編の続き。

 

血液検査の結果

 

先「肝臓の数値はだいぶいいですね、これは関係なさそうです。」

 

渡されるいつもの暗号文。

 

先「脳の障害の可能性があります、脳炎、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍。」

 

結構ヘビーなこと言われているけど、どうせいつもの最悪な場合について言ってるのだろう。

 

先「とりあえず様子を見て、また起こらなければ大丈夫でしょう。たびたび起こるようでしたら、MRI検査を受けた方がいいです、ただMRI検査は全身麻酔が必要なのでリスクがあります。」

 

よ「は、はぁ、様子を見て、また症状が出たらどうしたらいいですか?」

 

先「MRI検査、」

 

よ「あ、いえ、出た時の対処法は。」

 

先「大きな声で声かけたり、押さえつけたりしないで、物にぶつからないように見守ってください。」

 

あ、めっちゃ声かけたり押さえつけたしたな。

 

そんな感じでとりあえず様子見。

 

ネットで調べてみると、老犬の痙攣というかてんかんというか、そういうの割と出るんですね。

 

初めてだったので驚きました。

 

もうでませんよーに。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ミスうえだ (火曜日, 02 8月 2022 13:06)

    こわくて動画見れない��

  • #2

    鹿島 (火曜日, 02 8月 2022 13:40)

    ピークは過ぎてますので、安心してどーぞ。