行政文書開示請求

登記の変化を知ることができるという不動産図書館のZOOM会議を断ったため登録できず、自力で法務局にて不動産登記受付帳を入手することに。

まあ冬季図書館毎月15000円くらいかかるところ、開示請求なら300円、あとその都度謄本代がかかる程度でだいぶ安上がりなんだけど。

法務局往復の手間と時間がかかるかな。

その請求を6月7日していて連絡が来ないかとワクワクしていたら、


何やら届きました!

でも、、、請求書の写しと開示決定等に際しての留意事項が入っていて、開示決定とはどこにも書いてない。

留意事項を読んでみると、開示できるってなると、行政文書開示決定通知書なるものが送られて来るらしい。

うーん、てことは請求してから2週間以上経った今更ただ単に写しを送ってきただけなのか、これが開示決定ということなのか、、、まっわからないことは電話で聞いてみよ。

それにしても、受付1119号って、今年1119人目ってことかしら?こんな宝の山、意外にみんな行わないんですね。あ、みんな登記図書館使うのか。