ぼっち高ぼっち

久々の雪山ハイクは、長野県塩尻の高ボッチ山。

今回はちょっと遠目で、自宅から2時間半、で着く予定だったんだけど、、、駐車場まで後数百メートルのところの上りが上られず。

ズルズル横滑りしながらバックで戻る。

ちょっと戻っては雪の塊に突っ込みスタック。

前回雪道でスタックした時に、ショベルのおじさんに助けてもらい、雪道に行く時にはショベルを積んでおこう!と誓ったのに、積んでない。

仕方ないので、モデルさんを載せて頂上に運ぼうと思って積んでおいたソリで雪かき。

脱出

ちょっと進んでスタック

雪かき

脱出

ちょっと進んでスタックを何度か繰り返し、本日分の体力を使い果たしてなんとか雪のない駐車スペースに。

もうこのまま帰ろうかな?とも思ったけど、流石に2時間半、スタック時間含めると3時間かけて来たから頂上を目指すことに。

途中にソリを放置してきちゃったし、なんだか疲れたからモデルさんの同行はなしで。

歩いてスタックポイントを通過。

すごい苦しんだ形跡がしっかり残ってる。

ソリは帰りに回収しよう。

登山口付近はすごくいい天気。

今日は身体がちょっと疲れてるなーと思いつつ登り続け、ちょっと開けたところに出ると、
曇ってる。

ハロがみえる。

ハロは天気が下り坂のサインだそうです。

振り向くと何やら真っ白な山が。

ああいう本格的なとこは怖いから行きたくない。

ついた!と思ったら、どうやらここは駐車場らしい。

冬でなければ車で来られるよう。

でも今日は誰も人がおらず、スノーシューをつけていても膝上まで沈むふわふわパウダーをかき分け頂上を目指す。

自称日本一のシャッターポイント。

頂上付近は強風で鉄腕アトムみたいになります。

そして頂上。

強風のため、雪も吹き飛ばされてます。

奥に見える湖は、

諏訪湖と岡谷の街。

その奥の白い山はなんだろ?と思ったら雲だった。

あまりの強風に、用意してきたカップラーメンなど、食べる気にもならずそそくさと下山。

天気の良い日、、、晴れた日にモデルさんも連れて再チャレンジしよう。

車で待機のモデルさん。