青森のりんご売り

数年前から来るようになり、忘れた頃にやってくる青森のりんご売り。

社長も最初は喜んで箱で買ってたけど、どこかで逆鱗に触れ、とはいえ追い返すとこまではせず、

社長「じゃあ千円分置いてって。」

みたいな対応をするのは、まだ彼が車で青森から直接売りにきていると思っているからであろう。

前回来た時にちょうど大雪の日だったので、

よ「青森は雪たいへんですよね!」

青「え、あ、はい。」

よ「道とかもすごいですよね?」

青「はい、向こうはそうみたいですね。」

よ「え。。。」

青「ぼく、今こっちに事務所がありまして。」

よ「あ、そうですか。。。」

あーそういうビジネスモデルになってたわけね。

てっきり毎回青森から車に積んで長距離走ってきてるのかと思ってた。

社長には内緒にしておこう。