養老山脈ランニング

本日は朝から多度へ。

先週ここで、トレイルランニングのレースがあって、知り合いが出場したようで、それに触発されて自分も行く!というわけである。


最初は晴天で積雪もなく平和に。

展望台からは名古屋駅も見える。


ちょこっと雪が出てきて喜んで写真撮ったり。



多度山頂上。

ここにら辺はイージーなハイキングコースなので、登山者が結構いる。



ハイキングコースから養老山へ向かう分岐。

この辺の雪は大したことない。



西側を見ると何やら白い山が、、、伊吹山かな?しらんけど。

見る分には綺麗だけどあそこへ行ってたら大変そうだな、とこの時は他人事のように思う。



パラグライダー発着場から名古屋港。



石津御嶽あたりからまーまーの積雪。

これくらいなら楽しい。



積雪10cmくらい?



ちょっと本格的になってきた。

他の人の足跡なし。

ここら辺から道に迷いだす。



人の足跡はないけど、動物の足跡が。



こ、ここをおりるのか。。。



木に巻き付けてあるはずの目印が、雪のせいで全く分からない。



12:30中間地点の庭田山頂公園。

色々あったけど、ここまでは楽しかった。

まあこっから走って2時間3時間かなと、軽い気持ちで走りだす。



走りやすい作業路を経て、本格登山道へ。

いけるいける、あと2時間くらいでいけるんじゃない?15時には下山だな。



と、思ったのも束の間、突然始まるおかしな積雪量。



当然足跡も動物だけ。

これ、熊とか出るんじゃない?

冬眠してるか。



積雪25cmくらい?もう平地でも走れない。

つらい。



スキー場でも見ないような下り坂。

なぜ来てしまったんだろう。



そして積雪腰まで。

いや、もう無理。

目的をやり遂げるとかないです。

もう帰りたい。

ちょうどこの先にエスケープルートがあるから、そこで下山します。



そこで下りる!そこまで頑張る!!と目指してきたエスケープルートは、道崩落のため通行禁止。


いや無理です。

ほんとに無理です。

通行禁止だけど行っちゃっていいかな?と思ったけど、通行止めの柵の先を見ると、すでに崖のよう。これ強行突破して、本当に通れなかったら確実に遭難だな、ってことで仕方なく予定通りの道、養老山を目指す。

そうと決まれば、とにかく急がないと山道の途中で暗くなってしまう。

夜道を想定していなかったので、ヘッドライトを持ってきてない。

なんで来てしまったのだろう。



雪深い急登。

体力は余ってるので、恐怖の下りよりはマシかな。

なんで来てしまったのだろう。
津屋避難小屋。

お世話になる寸前。

帰りたい。



雪が積もって枝が垂れ下がり、道がわからなくなる。

なんで来てしまったのだろう。



16:06養老山到着。

ここまでくると養老公園から養老山のピストンの人の足跡がある。

足跡ありがたい。

あと30分ほどで暗くなるので危険な下り以外は走る。



あ、夕焼けきれい。

って、そんなことしてる場合じゃない。



見えてくる養老の町。



16:55なんとか下山。

ギリギリだったな。



下りてきた山。

なんか恐ろしい。



養老のお出迎え。

辺りは完全な闇。

今回は本当に遭難するかと思った。


教訓 

山を舐めるな。

雪道は先頭を歩くな。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ミス植田 (火曜日, 21 12月 2021 16:35)

    え、こわい!こわすぎる!!
    無事で何より!!

  • #2

    鹿島 (水曜日, 22 12月 2021 10:54)

    そうなんです、山を舐めちゃいけませんよ。