お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り

どうやら風邪はうつされてたらしい。

 

年老いた母を厳しく叱責するおっさんの声が近所に響き渡るであろう。

 

 

さて、一旦車に戻り、ランニングウェアに着替えてスタート。

 

朝熊山までの道は、何度か出場しているので走りなれてる伊勢トレイルのコース。

 

いつもは周りの景色には目もくれず、ただがんばるのみなので、のんびり走るをいろいろみたことのない景色が。

こんなのあったんだ。

たんたんと山道の上り、といってもかつてはバスが走ってたという道を走り続けて約1時間。目的地の


おちんこ地蔵。


じゃなくて朝熊岳金剛證寺。
伊勢神宮の鬼門を守るらしい。



お参りしたかったけど、
何故か靴を脱いで室内にあがらなければ行けないようで、全身汗でびしょ濡れで、上がると濡れた足跡をつけることになりそうなのでスルー。
建物前に牛の像と虎の像があって撫でるとご利益があるらしいので撫でておくかと近づくと、コロナ禍なので触らないようにの札。一体何をしにきたのか。



仕方ないから極楽橋見たり



極楽門見たり



なんか映えるとこみたり



ちょっと移動して朝熊茶屋で、伊勢焼うどんを食べたり



天空ソフト食べたり



満足して帰路。

帰りはほぼ下りなので気持ちよく走って下山。

人の目を気にしつつ川に浸かり汗を流し、社長に赤福を買って帰路。

行きも帰りも2時間弱で着いたけど、、、こんなに近かったっけ。